2015年8月9日日曜日

今月の daub-extra edition- 




《daub》vol.2が8/28(金曜日)に安治川倉庫フロートで開催します。
今回は番外編とし、うたと実験をテーマに出演者を集めVJ(小堀努  独自で作成した音で動くVJシステム)を迎え視覚的にも楽しめるようにしました。

daub-extra edition
2015.08.28.  FRI. at FLOAT







【出演】

高橋幾郎  発振器&drums(血と雫/ex.不失者)

小堀努  VJ&guitar solo (映糸,森田雅章トラデシオンカントリーバンド,●子は今,ineos!,Lavender Pillow)

There is a fox guitar&vocal from 京都

長濱礼香 guitar&vocal(いかんせん花おこし/他力本願寺)

中田粥  bug synthesizer(《《》》(metsu) )  from横浜




FOOD:
油野カレー(油野美術館


open 19:00 start 19:30 |  adv.2000yen  door.2500yen


■高橋幾郎
不失者(灰野敬二等のバンド)、渚にて、青蝕器、あけぼのいずをへて、ハイライズ、光束夜、マヘルシャラルハシュバズ、渚にて、シェシズなどでドラマーとして活動。
白石民夫、コサカイフミオ、テニスコーツ、梅田哲也とのコラボレーションのほか、発振器などを使った「演奏」も国内外で行っている。

今回は発振器,ドラムで演奏。約1時間set。








■小堀努(大阪)

映糸,森田雅章トラデシオンカントリーバンド,●子は今,ineos!,Lavender Pillowで主にギタリストとして参加。
今回はVJ,ギターソロで演奏。


■There is a fox(京都)


1982年生まれ、牧野博高の個人ユニット。バンド経験(Liquid Sunshineやkosmo-katがメンバー)を経て、2012年よりソロ活動開始。近年、LA出身のトラックメイカーSpazzkidのリミックスを手がけ、またフューチャリングで参加した楽曲「At Fault 」は、Majestic Casual 等の海外メディアに取り上げられ話題になった。2014 08 拠点をカルフォルニアから京都にうつし、自身のレーベル「Dear Ear Records」を開設。現在、フリーDLで1枚コンピレーションアルバムをリリースしている。




■長濱礼香+中田粥(横浜)

長濱礼香:1989年生まれ。2008年より須原敬三(gyuune cassetteオーナー/羅針盤,ノイズわかめ等)のバンド"他力本願寺"にギターで参加。
2012年より自身のうたものバンド"いかんせん花おこし"結成。2014年11月、CHAOTIC NOISE RECORDINGSより1st album『地中の空』リリース。

中田粥:サーキットベンディングの一種「バグシンセ」と呼ばれる電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を用いてリアルタイムに電子回路をショートさせ演奏を行っている。参加グループは《《》》(metsu)、相殺iewiesトtrioナリ(略)、zzzt、そばうどん、などで活動。2015年7月、noise/experimental/ drone/のレーベル Floodより《》》(metsu)をリリース。

今回は長濱礼香(うた/ギター)と中田粥(バグシンセ)での演奏。


長濱礼香







中田粥







daub info----------------------------------------------------------------------------
●ticket | daubdaubdaub@gmail.com

お名前、枚数を明記の上ご送信ください。

●access | FLOAT
大阪市西区安治川2丁目1-28 安治川倉庫


地下鉄中央線「九条駅」下車、徒歩10分
JR環状線「西九条駅」下車、徒歩10分

▽地下鉄九条駅からお越しの場合
下車後3番出口を出て、商店街を北に直進。
突き当たりの安治川トンネル南口エレベータを左折、徒歩1分程度の右手の建物です。

▽JR西九条駅からお越しの場合
改札を出て左側奥の階段を降りて道路沿いに直進。
突き当たりの安治川トンネルからエレベータに乗って、地上に出て右折。徒歩1分程度の右手の建物です。

▽車でお越しの場合
専用の駐車場はありませんので、近隣の駐車場をご利用ください





みなさまのご来場おまちしております!



  by tsutomu kobori











0 件のコメント:

コメントを投稿